ジャンプスタート英語教室 Jump Start 岡山県倉敷市児島/玉野 英語・英会話教室。赤ちゃん・幼児・子供・小学生・中学生・大人英会話クラス 楽しく英語を勉強しましょう!

ジャンプスタートの特徴

話す、聞く、読む、書く
【フォニックス式教育法】【ホールラングイッジ式教育法】を併用し、
子供たちの年齢にあわせて [話す] [聞く] [読む] [書く] 4つのスキルを
バランス良く養います。
先生は経験豊かな有資格者
マリースは、アメリカの大学院で教育学を専攻しました。卒業後は、10年以上アメリカと日本の教育現場に携わってきました。 現在も様々なトレーニングやセミナーに積極的に参加し、スキルアップに努めています。ビジネスマンとしての経験もあり、ビジネス英語にも対応します。
一貫教育、子供のラーニングスタイルに合わせたフレキシブルな対応
ジャンプスタートは、マリースが設立・運営しています。入会されてから退会されるまで、一貫して指導します。 子どもの性格や学習スタイル・ペースにあわせて、きめ細かく丁寧にレッスンします。
アットホームな雰囲気
みんなで一緒に歌を歌ったり、手遊びをしたり、ゲームをしたり。
子供達が楽しんで英語を覚えられるよう、楽しくレッスンします。
100%応援しますので、一緒に頑張りましょう!
お家の方とのコミュニケーションを大切にします
ジャンプスタートでは、コミュニケーションが一番大事だと思っています。
お子様について、英語学習についてのご相談やご質問など、お気軽にご連絡ください。
日本語でOKです。 メールでも結構です。どんどん、なんでもお話しください。
一緒に絵本を読みます。
貸し出しもしています。
ネイティブに近い発音が
できるようになります。
みんなでゲームをしながら
楽しく覚えます。
宿題を出します。詳しく説明するので安心してください。

▲ ページの先頭へ戻る

教師紹介

Welcome to Jump Start 英語教室!地域に密着した親しみやすい教室を目指して開校しました。明るく、元気いっぱいに頑張っています。レッスンを通して、英語だけではなく異文化や習慣の違いなども伝え、小さな国際人をたくさん育てていきたいです。

毛利 マリース
1970年 アメリカ ニューヨーク州生まれ。  » マリースのホームタウン
現在、倉敷市児島唐琴に、
夫(日本人)・長男・次男・長女の5人家族で住んでいます!
【学 歴】
1992年 西南学院大学留学
1993年 ニューヨーク州立バファロー大学 国際科卒業、
1998年 ニューヨーク州私立ルモイン大学 大学院教育学部卒業
【職 歴】
1993年~1996年 JETプログラム(日本英語教師プログラム)参加
1993年~1994年 岡山県児島高等学校の英語助教師(ALT)
1994年~1996年 岡山市国際課国際交流員(CIR)
1996年~1998年 大手医療器具メーカー、ウエルチ&アレン(株)勤務
1998年~2005年 アメリカ ニューヨーク州立スキニーアキレス高等学校 世界史教員
2005年        日本へ移住。
2006年 3月~   ジャンプスタート 英語教室を始める。
【資 格】
日本語能力試験1級
ニューヨーク州中学校高等学校歴史教師(米国)
ニューヨーク州中学校高等学校日本語教師(米国)

▲ ページの先頭へ戻る

フォニックス式・ホールラングイッジ式とは?

フォニックス式教育法

フォニックスとは、子供たちに読み書き、 そして発音の仕方を教える教育方法です。
英語を母国語とする多くの国で行われています。

それぞれ独立したアルファベットの音
を学び、それを合わせて単語の発音の
成り立ちを学ぶ教育法です。

日本人がこの方法で英単語を学んでいくと、カタカナ英語ではなく
ネイティブに近い発音ができるようになります。

ホールラングイッジ式教育法

絵本や物語(フィクション、ノンフィクションを含む)を使用します。
あらすじを勉強して語彙力を増やしたり、 ストーリーを楽しんで内容の理解力を培います。
お話や絵、写真に触れることで子供の興味が高まり、より学習が楽しくなります。

絵本の貸し出しをしています

英語の絵本をたくさん揃えています。教室にブックコーナーがありますので、自由にご覧ください。気に入った本があれば貸し出ししています。ご家庭で英語を使う機会を作る手助けになればと思っていますので、ぜひ利用してください。

お子様と一緒に座って絵本を読んであげたり、お子様が読むのを聞いてあげたりしてください。また、お子様が知っている言葉やフレーズ、英語の質問を使って一緒に練習してあげましょう。リラックスした雰囲気で楽しい読書の時間にしてあげてください。

お子様がまだ英語を読めなくても、一緒に絵を眺めたり、絵と単語を指さしてあげたりすることで、視覚から単語の意味が理解できるようになってきます。

朗読したCDをお貸しすることもできます。子供たちに英語、日本語に関わらず本を読むことは楽しいことだという印象づけてあげてください。

宿題について

宿題はその週のレッスンの内容の復習です。また、子どもたちに、ご家庭で英語を使う機会を与える役目もあります。 次回のレッスンにも関わってくるので宿題をすることはとても重要です。

▲ ページの先頭へ戻る